塚本耳鼻咽喉科のご案内

  •  神戸市東灘区にある、(阪神石屋川駅より、徒歩5分)塚本耳鼻咽喉科です。
    当クリニックでは耳鼻咽喉科・アレルギー科を診療科目としておりますが、神戸大学で癌の診断・手術・治療に5年間継続して従事していたこともあり、喉頭癌をはじめとした首から上の癌の早期発見にも注意を払っております。神戸大学・中央市民病院へはFAXで受診予約を取ることが可能です。(癌の疑いでの神戸大学へ紹介は早いのですが、中央市民への中耳炎などの紹介受診はかなり先になります。)
  •  
     また、小児科・内科や風邪薬などで咳がとまらないなど場合、ほとんどの場合、 「気管支喘息」のことが多く、「ひゅーひゅー」という喘鳴のない、または聞こえない 状態での早期診断・治療の開始ができます。
     もちろん、専門医の治療が必要な場合は 神鋼病院・神戸赤十字・中央市民病院呼吸器内科、小児科については山岡小児科を はじめとした専門の先生に紹介させていただきます。

  •  乳幼児の中耳炎は、もっとも得意とするところで、生後2週間からでも顕微鏡で鼓膜の チェック・鼓膜切開ができます。チュービングが必要といわれたら一度受診してみてください。 鼓膜切開だけで(鼻の処置(鼻水の吸引管による除去)は必要ですが)済むこともあります。

  •  副鼻腔炎・アレルギ性鼻炎は、薬・ネブライザーだけや内服薬だけでは、通り道が塞がった ままのことが多く、徐々に慢性化していきます。
     日本で毎年、鼻の内視鏡手術が3万件 行われています。手術に伴う合併症も約千件起こってしまいます。そのうえ、条件のいい 場合でも5年以内に25%は再手術が必要になります。喘息があったり、ひどい場合だと 2年以内に50%が再手術が必要な状態になります。
     基本的には、通院治療で吸引管による鼻水の除去・ネブライザー・内服薬・点鼻薬で 良好な状態を保って手術をしなくてはならない状態にしないことです。 乳幼児期からが特に大事で、本当の健康な乳幼児は鼻水はでません。

  • クリニックからのお知らせ

    診療科目

    耳鼻咽喉科・アレルギー科

    院内機器

    処置用顕微鏡・鼻咽頭・喉頭ファイバースコープ(内視鏡)・聴力検査機器 鼻・喉頭ネブライザー

    予防接種

    乳幼児の定期予防接種 

    すべて 診察時間内いつでもできます 3種類ぐらいまでなら同時接種も可能です。 (2、3日前に電話でご連絡ください)

    MR・ヒブ・肺炎球菌(プレベナー13)・4種混合・日本脳炎・水痘など B型肝炎・おたふく・大人用肺炎球菌・帯状疱疹(水痘)

    季節インフルエンザワクチン

    今年も10月15日ごろから開始します。 今年度は4種類混合型になります A (香港型・新型インフルエンザ2009) B(2種類) 3ヶ月間はピークを維持し、接種してから5ヵ月後には抗体は半分になります。

    詳しくは診療案内ページをご覧ください。

    健康診断

      検診で「聴力に異常が」といわれた方は、一度正確な聴力検査と鼓膜の正確な診察をしていただいたほうが、いいかと思います。
    改善する耳の病気もあります
     

    診療時間のご案内



  • 診療は予約制ではございませんので診療時間内にお越しください。
    以前は、1ー2時間の待ち時間のこともありましたが、今はほとんど、15分以内に 診察できるかと思います。土曜日だけが少し、それでも30分までかと思います。
  • 診療受付時間は 午前診:12時30分まで
    午後診:18時まで(月曜・金曜は19時まで)
    とさせて頂いております。

  • 休診日
    木曜、日曜、祝日、
    土曜午後  
  • お子様連れの方も安心して受診できます

     当院ではお子様がリラックスでき、ご家族の方も安心してお待ちいただけるよう、待合室にキッズスペースを設けております。またお子様用トイレも備えております。
     ネプライザー中にお子様が退屈しないように、さまざまな工夫をしております。



このページの先頭へ

<